高松メディカルクリニック TEL 0422-70-1035(治る 重病見事) 三鷹健診スクエア TEL 0422-70-1037 FAX 0422-70-1036

東京都三鷹市下連雀4-16-12 三鷹第1ビル2F

三鷹駅より徒歩8分

検診 糖尿病 高血圧 コレステロール 高脂血症 中性脂肪 甲状腺 橋本病 咳喘息 アレルギー 高松メディカルクリニック

医師のご紹介

三鷹健診スクエア 健診のご予約・お問い合わせはTEL0422-70-1037まで CLICK
LE
院長コラム 胃痛い放題
CLINIC BLOG クリニックのこと、日々の出来事についてなどを紹介します。
スタッフ募集 CLICK
Mail Form   メールでのお問い合わせはこちら CLICK
小さなお子様の いらっしゃる方へ 小さなお子様のためにベビーカー(A型B型兼用)をご用意しております。お子様をベビーカーに乗せてご一緒に健診を受けていただくこともできますので、受付にてお申し付けください。

Take The A Train
by Duke Ellington And His Orchestra

トップページ»  医師のご紹介

院長紹介

ごあいさつ

医師となってから救急救命医、エイズを始めとする感染症の研究、一般病院における内科医、そして予防医学センターの所長として、様々な経験をさせていただきました。これまでの経験、知識を最大限生かし、病気と闘う人々や健康を願う人々の同志として頑張っていきたいと思っております。

院長 高松 慶太

略歴

昭和59年
福岡県立小倉高等学校 卒業
昭和60年
山口大学医学部 卒業
昭和60年
公益財団法人健和会 大手町病院研修医
昭和63年
山口大学医学部寄生体学教室研究生
平成元年
山口大学医学部寄生体学教室博士課程 入学
平成3年
東京医科歯科大学医学部微生物学教室博士課程 編入
平成5年
医療法人財団慈生会野村病院 勤務
平成11年
同 予防医学センター所長 就任
平成19年
高松メディカルクリニック 開院

認定医

  • 人間ドック健診指導医
  • 日本総合健診医学会
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本医師会認定健康スポーツ医
  • 難病法難病指定医

非常勤医師紹介(保坂 利男)

ごあいさつ

糖尿病、甲状腺内分泌疾患を専門として20年以上、患者さん目線の診療をモットーに健康寿命を延ばすことを使命として日々臨床をおこなっております。栄養、内科の専門でもありますので食事の相談や風邪、腹痛などの一般的な症状の疾患治療にわたり御気軽に来院していただければと思います。

保坂 利男

略歴

平成6年
山口大学医学部卒業
平成7年
朝日生命成人病研究所付属病院勤務
平成14年
ボストン大学医学部生化学教室留学
平成17年
徳島大学代謝栄養学特任准教授
平成23年
埼玉医科大学内分泌内科・糖尿病内科 講師
平成26年
杏林大学大学院糖尿病・内分泌・代謝内科 講師
平成30年10月
静岡県立大学臨床栄養学 教授

所属学会

  • 日本内科学会
  • 日本糖尿病学会
  • 日本病態栄養学会
  • 日本静脈経腸養学会
  • アメリカ糖尿病学会
  • アジア糖尿病学会
  • 日本栄養食糧学会
  • 日本内分泌学会
  • 日本糖尿病合併症学会
  • 日本糖尿病眼学会
  • 日本肥満学会

認定医

  • 日本内科学会認定内科医 総合内科専門医、指導医
  • 日本病態栄養専門医 指導医、学術評議員、NSTコーディネーター
  • 日本糖尿病学会認定専門医 指導医、学術評議員
  • 日本内分泌学会内分泌代謝専門医
  • 日本糖尿病合併症学会 学術評議員
  • 日本栄養食糧学会参与

外来診療担当表

 
担当医 院長 院長 院長 院長 院長 院長と保坂利男2診体制

医院紹介

医療法人社団撫子 高松メディカルクリニック、三鷹健診スクエアのホームページをご覧頂きありがとうございます。

当院は平成19年11月1日に三鷹駅南口中央通り沿いに開院致しました。
私はそれまで山口大学、その後東京医科歯科大学大学院においてウイルスを中心とした感染症、エイズやC型肝炎の研究をし、平成6年からは野村病院(三鷹市)において内科医、予防医学センターの所長として生活習慣病の予防や治療に携わってきました。これまで培った多くの経験を生かし、病気の予防、早期発見、早期治療を心掛けた診療を行っています。

当院では医事会計と一体化された電子カルテを導入し、診察後の会計待ち時間は殆どありません。また、電子カルテネットワークに、X線や超音波検査画像ファイリングシステム(PACS)、生理機能検査ファイリングシステム(心電図、ホルター、眼底、肺機能、脈波等)を連携させ、さらに医療情報検索収集用にインターネット用LANを構築、すべての検査結果、医療情報を診察室のモニターで開示、供覧できるようにしています(診察室に6台もモニターがあるのはそのためです)。それは「百聞は一見に如かず」、私の拙い説明でも、できるだけご自分の目でデータを確認し、納得して治療を受けて頂きたいからです。また、他の委託医療機関で受検されたCT、MRI、RIシンチグラフィといった高度医療機器による検査結果もデジタルデータとして頂き、当院のPACSサーバーに一生涯保存しています。患者データを一元的に管理、ただ単に病気を見るのではなく、病人を一人の人間として全人的に診療をしています(初診の方には生活歴、家族歴など詳細に問診させて頂きます)。それは、それが私の考える主治医だからです。

健診スクエアにおいては、独自に開発したコンピュータによる診断支援システムにより、様々な専門分野の学会から発表されている診療ガイドラインに準拠した高度な結果判定と事後指導を行っています。また、すでに治療中の病気に対しては、検査結果から治療の良否についてセカンド・オピニオンを行っています。健診システムのネットワークも電子カルテシステムと連携されており、受診者情報を共有できるようになっています。 できる限りのITを活用し診療技術の向上を目指しますが、診療の基本は人心、受診者と医師の信頼です。協力して病気と闘っていきましょう。

最後までお読み頂きありがとうございます。よろしければ「当院のご案内」のページにある「創立理念」「診療理念」「診療方針」「経営理念」も是非お読み下さい。その上で当院を信頼していただける方は、是非ご来院下さい。スタッフ一同。皆さんの信頼にこたえるよう精一杯頑張ります。

院長コラム~胃痛い放題 目次

院長コラム~胃痛い放題

TOP