高松メディカルクリニック TEL 0422-70-1035(治る 重病見事) 三鷹健診スクエア TEL 0422-70-1037 FAX 0422-70-1036

東京都三鷹市下連雀4-16-12 三鷹第1ビル2F

三鷹駅より徒歩8分

求人募集 検診 糖尿病 高血圧 コレステロール 甲状腺 橋本病 咳喘息 アレルギー 高松メディカルクリニック 三鷹健診スクエア

当院のご案内

三鷹健診スクエア 健診のご予約・お問い合わせはTEL0422-70-1037まで CLICK
LE
院長コラム 胃痛い放題
CLINIC BLOG クリニックのこと、日々の出来事についてなどを紹介します。
スタッフ募集 CLICK
Mail Form   メールでのお問い合わせはこちら CLICK
小さなお子様の いらっしゃる方へ 小さなお子様のためにベビーカー(A型B型兼用)をご用意しております。お子様をベビーカーに乗せてご一緒に健診を受けていただくこともできますので、受付にてお申し付けください。

Take The A Train
by Duke Ellington And His Orchestra

トップページ»  当院のご案内

診療指針

患者さんに安心して治療に専念していただけるように、まずは信頼関係が重要と考えております。自らの良心に基づき、患者さんにとって最も良い医療を提供できるように最大限努力して参りたいと考えております。

創立理念

高松メディカルクリニックは、自身が健康を願う者であることから、医学を修得した者として、健康を願い、病を克服せんとする人々の協力者たらんことを目的として設立する。

解説

私自身ができるだけ健康でありたいと願っています。何をするにしても、まず、健康であることが大前提となる場合が多いと思います。もちろん、不幸にして心身を患った方でも、その後の努力で大きな目標を達成した方もたくさんいると思います。そのような場合も、医療が大きな手助けとなった場合が多いのではないでしょうか。私は医学を修めた者として、皆様が自己判断されるより多少なりともより適切な助言を行い、適切な治療方針を進言することができるものと確信しています。そうすることが医学を修めた私の使命であると思います。

※余談ですが、当院では様付けではなく、患者さんと呼んでいます。最近は多くの医療機関で患者様と呼んでいるようです。ただ、私は以前より患者さんを様付けで呼ぶことに違和感を覚えていました。その理由ですが、一つは患者と医者は対等な立場だと思っているからです。昔のように患者さんに対して医者が父権主義で一方的に指図するのも問題ですが、逆に妙に遜って、患者さんの言うままに振舞うのも問題です。患者さんと医者は対等な立場で、協力し合って病と闘うのが最も良い関係であると思います。二つ目は、そもそも「患者さん」とさん付けで呼ぶのは決して失礼な表現ではないと思います。慇懃無礼という言葉があるように、様と呼ぼうがさんと呼ぼうが肝心なのはその心だと思います。

診療理念

医学が不完全な学問であることを念頭に、常に知識の前に謙虚であることを忘れず、既成の医学知識に囚われることなく、洋の東西を問わず代替医療・補完医療なども活用した統合医療を目指す。また、ただ単に病気を見るのではなく、病人を一人の人間として全人的な診療を実践、自らの良心に基づき健康を願う人々にとって最もよいと考える医療を提供する。

解説

世の中には様々な分野の学問、科学がありますが、そのいずれもが不完全なものです。ましてや、多様性の大きいヒトを対象とする医学は他の分野以上に解明されていないことがたくさんあります。いくら科学が発達しても完全無欠な医学にはなりえないと思います。ですから、自らの知識に奢ることなく常に謙虚に、新しい知識、他分野の方々の意見、患者さんの訴えなどに真摯に耳を傾ける姿勢が大切だと思います。具体的には国が保険診療として認めたもののみならず、代替医療、補完医療と呼ばれるものも患者さんにとって有用であると判断すれば積極的に活用したいと考えています。上述のごとく、医学は不完全ですから、医学知識で単純に善し悪しを判断できないことがほとんどです。ですから、その判断基準は、私の学んだ医学知識をもとに、自らの良心に問いかけ、健康を願う患者さんにとって最も良い医療であるかどうかです。

診療方針

診療理念のごとく医学は不完全な学問です。治療や検査によっては苦痛や不利益を伴うもの(採血、注射や放射線被曝など)もありますし、副作用が絶対に出ない薬などありません。たとえ副作用のない治療や苦痛のない検査であったとしても、通院し治療を受けることは精神的にも金銭的にも負担です。
純粋に遺伝的素因が原因の病気、いわゆる遺伝病を除けば、ほとんどの病気の発症には環境因子の影響によるところが大です。環境因子の最たるものが生活習慣。ほとんどの生活習慣病は早期であれば生活習慣の是正で完治します。当院では生活習慣病の診療に力を入れていますが、生活習慣の是正を最優先し、できるだけ薬を使わない治療を勧めています。投薬する場合も最小限に止めるようにしています。糖尿病や高血圧の薬の処方を希望して来院された方からすると、検査と生活習慣の是正を指導され、薬をもらえず拍子抜けするかもしれません。しかし、それが私の考える「自らの良心に問いかけ、健康を願う患者さんにとって最も良い医療」です。
また、患者さんの年齢によっても診療方針は変わります。同じような病状であっても、一般に若年の方には薬を出さず、高齢になるほど質、量とも薬物治療は濃厚になります。誤解を恐れず申し上げれば、若年の方はまだ残りの人生が長く、成長が期待できますが、高齢者に若者と同じような成長を期待するには無理があります。若年者には多少辛くともできるだけ薬を使わず、自身の力、免疫力で病気を克服、今後、もっと大きな病気が襲ってきたときに乗り越えられる体力、精神力を培ってもらうことが若年者のためになると思います。一方、高齢者は若年者のような成長を期待しにくく、無理をすると命取りになりかねません。無理をさせずある程度薬に頼ってでも安全、確実に病気を克服できるよう庇護する気配り心配りが高齢者には必要だと思います。

さしずめ「可愛い子には薄着させろ」と「年寄りの冷や水」といったところです。

経営理念

高松メディカルクリニックは、診療理念に基づく医療サービスの提供により、患者さん、地域社会に支持され続ける医療機関となることと、適正な利潤をあげ、経営理念のもと真摯に働く職員が経済的にも精神的にも豊かな生活を送ることを目指す。

解説

診療理念に基づく医療サービスを提供することにより、患者さんや地域の方々から信頼、支持される医療機関になることを目指します。また、当院も一事業者であるので、そのような医療機関になることにより、適正な利潤をあげ、私自身も含め経営理念のもと真摯に働く職員一同が経済的に生活できるようにします。真に幸せな暮らしを送るために、単に経済的な充足のみならず精神的にも豊かな生活を送れるよう努めます。

※余談ですが、経済制度として資本主義を採用している日本において、医療は厚生労働省により価格統制という社会主義経済、統制経済の制度下におかれた数少ない分野の一つです。よって、適正な利潤といっても、私たち医療従事者が自身の努力により適正な価格に変更することなどできません。治療費はあくまでも厚生労働省が適正と考える価格です。

診療科目・診療時間

診療科目

  • 総合診療内科
  • 高血圧内科
  • 脂質代謝内科
  • 糖尿病・甲状腺内科
  • 高尿酸血症・痛風内科
  • アレルギー科

診療時間

診療時間 日・祝
9:00~12:30
14:00~18:00
  • 毎週土曜日の外来のみ午前8:30からです。
  • ほとんど方がお電話で予約されて来院されています。予約の方を優先して診療していますので、ご予約下さると待ち時間が短くなります。

小児患者への対応について

当院は内科であって、小児科を標榜していません。では小児が来院された場合、当院ではどのように対応しているのでしょうか。
日本の医薬品の添付文書における年齢区分では、小児は15歳未満としています。では、小児科ではなく内科の当院は15歳以上の方のみを対象として診療しているのでしょうか。
日本の法律では、小児科が15歳未満を、内科が15歳以上を診療するなどと明文化されていません。つまり、小児科が15歳以上を、内科が15歳未満の患者を診療することは法的に禁止されていません。山奥や離島に1件しか診療所がない場合など、全年齢を診療しなければ住民は困ってしまうからです。
このように、小児科が何歳まで診察し、内科が何歳から診察するかは医療機関独自で決めています。
ちなみに私の知るかぎり、三鷹市内のほとんどの内科開業医は小児の診療をしています。極端な話、周囲に小児科がないため、大人以上に小児を診ている内科医もいます。
当院の場合、たまたま(というより小児を診ないで済むように小児科の隣で開業しました)小児科の隣で開業しているため、基本的に小児(15歳未満)の診療はお断りし、隣のつちや小児科を受診するよう進言しています。その方が患者さんのためだからです。
ただし、つちや小児科が休診の場合、お受けし出来る範囲で精一杯診療しています。子どもは好きなので、困っているなら助けたいですから。
また、つちや小児科が休診でなくとも、事情があり敢えて当院での診療を希望する場合もお受けしています。
当院職員や当院通院患者さんのお子さんで、当院を受診した方が便利だったり、インフルエンザワクチンを含め予防接種のようにどちらで接種しても全く同じ内容だったりする場合もお受けしています。

設備紹介


  • 【エラストグラフィ機能付超音波診断装置】

  • 【レントゲン室】

  • 【デジタルマンモグラフィー】

  • 【超音波骨密度測定装置】

  • 【スパイロメーター】

  • 【デジタル無散瞳眼底カメラ】

  • 【HbA1c(糖尿病)迅速測定器】

  • 【ABPM:24時間自由行動下血圧計】

  • 【非接触眼圧計と視力計】

  • 【防水型ホルター(24時間)心電図】

  • 【血圧脈波検査装置】

  • 【ハイエンドモデル心電図計】

CTやMRI検査について

当院にはCT(コンピュータ断層撮影)(下図)やMRI(核磁気共鳴画像法)の画像診断装置はありません。

そのためそれらの検査が必要な患者さんがいた場合、ご住所からアクセスのよい近隣の医療機関(CTはサウスポイントMYクリニックみたか中村脳神経外科クリニック野村病院に、MRIはみたか中村脳神経外科クリニック、野村病院にご紹介しています。何れの医療機関も当院の診察室から電話で直接予約ができます。また、検査結果は、緊急性がある場合は、検査を受ける医療機関でそのまま受診、診察を受けていただきます。緊急性のない場合、基本的に検査後は帰宅していただき、CD-ROMに記録された画像データ(下図)が、数日後郵送されてくるのを待って当院へ来院していただき、当院で検査結果をご説明します。

郵送されてきたCT、MRIの画像データは当院のPACS(医療用画像管理システム)に取り込み、一生涯保存します。他院で撮影された画像データを当院のPACSに取り込ませるとその分大容量のPACSを準備しなければならずコスト高になってしまいますが、にも拘らずこのような仕組みにしているのは、一人の患者さんの画像データを複数の医療機関でバラバラに管理するより当院で一括して管理した方が、利便性、全人的医療などの点で患者さんのメリットが大きいと考えているからです。一人の患者さんについてより多くの情報が収集できれば、私自身より正確な診断、適切な判断を下すことができるはずです。
もちろん、当院から大学病院など他の医療機関にご紹介する場合、必要に応じその画像データを持参してもらうこともあります。CD-ROMによる画像データの提供は無料です。

院内紹介

写真をクリックすると、大きな写真をご確認いただけます。


  • 【受付】

  • 【バリをイメージした外来待合室】

  • 【6台のモニターが並んだ診察室】

  • 【カンファレンスルーム】

  • 【健診スクエア待合室】

  • 【電子内視鏡室】

  • 【検査室B】

  • 【検査室C】

  • 【超音波検査室】

介護保険主治医意見書作成を希望される方へ

役所にて介護保険を申請する場合、「主治医意見書」(介護保険申請者の要介護認定や介護サービス計画作成時に必要な医学的観点からの意見を主治医が述べた書類)作成に当る主治医名を役所より尋ねられます。そのとき、役所担当者より、「介護保険申請時に主治医として名を役所に届け出たことをその主治医に伝え、了解を得ておくように」と念押しされます。後日役所より、その医師に「主治意見書」作成依頼が届き、主治医は介護認定審査会のある日までにその書類を作成し、役所に返送します。
このように役所が申請者に念押しするのは、ときにほとんど受診したことのない医療機関の医師名を役所に届け出る方がいるからです。そうすると、後日、ほとんど会ったことのない(=診察したことのない)患者さんの主治医意見書作成依頼が役所からその医師へ届くことになります。医師は当然書類を作成することができませんから、書類作成不能と役所に連絡します。その結果、介護保険申請者は介護認定審査会の俎上に載せられず、介護保険を受けられなくなります。
私も同様な経験をしたことがあります。「主治意見書」は申請者の病状や治療内容に加え、日常生活の状況、とくに介護の手間について記載しなければなりません。ですから、主治医という言葉を用いていることからも分かるように、申請者の日常生活まで把握している医師でなければ記載することができません。そのため当院では、介護保険主治意見書作成を依頼された場合、以下のような方のみ作成し、その他の方の意見書はお断りしています。

当院が主治意見書を作成するための要件:

  1. 定期的に当院へ通院されている方。ただし、当院へ通院してはいますが、生活機能低下の直接の原因になっている傷病を他院で治療中の場合、作成をお断りしています。
    具体的には、例えば、「当院へは高血圧で通院、降圧剤のみ処方されている。一方、整形外科へは腰部脊柱管狭窄症で通院している。そのため、歩行障害となり、介護保険を申請することになった。」といった場合。このような場合、通院中の整形外科で主治意見書作成をしていただきます。当院は内科が専門で、脊柱管狭窄症の診察、検査など実施していませんので生活機能低下の詳細は把握できません。
  2. 定期的な通院はしていないが、例年健康診断(三鷹市民健康診査など)を受けている方で、書類作成時以前3ヶ月間以内に当院受診歴のある方。
    換言すると、書類作成時以前3ヶ月間以上受診歴のない方は作成しません(最近の病状や日常生活が不明なため記載できません)。よって、主治医意見書作成依頼時3ヶ月以内に市民健康診査などを受診されることをお勧めします。
  3. 以上に該当しない方で、主治医意見書作成を希望される方は、事前に当院を受診し、ご相談ください。

以上です。

英文書類の作成について

国際化という言葉は今では当たり前すぎて、陳腐な印象さえ受ける言葉になりました。当院でも、外国の方がちらほら来院されますし、日本人の方から外国に提出する英文書類を依頼されることも珍しくありません。
依頼される英文書類で最も多いものが、インターンシップや留学予定の方から依頼される予防接種証明書です(図は東カルフォルニア大学のもの)。

予防接種証明書

例えば米国などでは、麻疹の予防接種を規定通り受けていなければ、入学させない、入寮させない、さらには州に入らせないとするところもあります。欧米諸国では大なり小なり似たような規定を設けています。留学経験もなく英語は得意ではありませんが、基本的に英文書類作成の依頼はお受けしています。しかし、内容から当院で作成できないものもあります。外務省ホームページ「世界の医療事情」中の「アメリカ合衆国(ニューヨーク)」のページ、「(3)学校への入学・編入」の項目を転記します。ところどころ私が色付けしています。

「学校への入学・編入時には州で規定された予防接種やツベルクリン反応検査が義務付けられています。幼稚園から大学・大学院はもとより、サマーキャンプへの参加等にも予防接種証明書の提出を要求されることがあります。この証明書がないと入学を許可されず、各種行事に参加できない場合もあります。米国の小児予防接種には、日本の小児予防接種には含まれていないものや、接種回数が異なっている項目が多くあります。過去に実施した予防接種又は罹患歴が証明できない場合には、全て再接種を要求されることも往々にして起こっています。これを防ぐには、母子手帳や予防接種記録・証明書及び罹患証明書(医師が作成した予防接種,罹患証明書)等が必要です。この証明書を当地の医療機関に持参し、不足分の接種を受けて学校等の予防接種証明書を作成してもらうことになります。当地では、ツベルクリン反応陽性者は結核感染者として取り扱われます。しかし、邦人の中には過去に受けたBCG接種の影響で反応が陽性となったと思われる方も稀ではなく、これら陽性者(結核感染による陽性かBCG接種による反応か)の取り扱いが度々問題となっています。」

母子手帳を見て、予防接種記録を頂いた英文書類に転記するだけなら問題ありません。また、抗体価を測定し、その結果を記入したり、抗体価が不足していたり、未接種だったりしたワクチンを当院で追加接種することも問題なくできます。ただ、追加接種を要求されたワクチンが日本で未承認のものだと当院では対応できません。日本で承認済ワクチンで代用できる場合もあるようですが、小児科としての専門的知識が必要になってきます。「小児患者の当院の対応について」で記載したように、当院では小児の診療はほとんどしていませんので、小児の予防接種に関して専門的な知識を有していません。ましてや、海外のワクチン事情に関してはなおさらです。そのような場合、小児科標榜の医療機関やトラベルクリニックを受診するよう進言しています。ですので、事前に、作成希望の英文書類を当院に持参、またはFAXしていただき、当院で対応可能か拝見し、お受けするか否か判断することにしています。そのため、書類作成期限には時間的に十分余裕を持って頂きますようお願いします。ちなみに、B型肝炎ワクチン予防接種を要求する書類の場合、B型肝炎ワクチンが6か月間かけ3回接種するワクチンのため、書類完成まで半年かかることになります。
次に多いのが海外旅行時の英文携行薬剤証明書(下図)です。通院中の患者さんに限り書類を作成しています。他院通院中の方は、主治医にご依頼下さい。

英文携行薬剤証明書

その他さまざまな書類(格闘技大会参加のための健康診断書、移住や婚姻ための健康診断書など)を依頼されますが、個別に対応しています。いずれにしても事前に書類をご持参いただき拝見、当院で作成可能なものか確認の上ご返事しております。
なお、英語以外の言語に関する書類に関しては対応いたしておりません。

 

臨床指標(質評価指標)の公開

臨床指標(質評価指標)とは

臨床指標とは、医療を具体的な数値として示すことにより、客観的な評価を可能とするものです。臨床指標(Clinical Indicator:CI)、あるいは医療の質指標 (Quality Indicator:QI)と呼ばれます。 DPC制度(診断群分類による1日当たりの定額報酬制度) を導入した病院ではDPCデータを公表することが義務付けられています。
当院は、DPC制度を導入するような大きな病院ではなく、単なる個人の診療所です。ですからデータを公表する義務はありませんし、実際のところ様々なデータを作成するマンパワーも不足しています。しかし、可能な限りデータを取りまとめ公表してくいことにより、結果として医療の質を少しでも改善していきたいと考えています。思いは大病院と同じです。
今後当院が測定している様々なCIを順次ホームページに公表し、当院の「診療理念」に掲げる「自らの良心に基づき健康を願う人々にとって最もよいと考える医療を提供」できるよう、質の向上に努めていきたいと考えています。

 

新患患者動向調査結果

新患患者がどのような経路で当院を認知、どのような理由で当院を選択したかを知る目的で、2016年10月20日より2017年4月10日まで当院を初めて受診した方305人を対象にアンケート調査を実施しました。アンケートをお願いした方のほぼ全員がご回答下さいました。まずは御礼申し上げます。
質問票は下図のごとくで、合計6問お尋ねしました。その結果を報告します。

まず、性別は女性224人、男性81人と女性が73%を占めていました。
年齢は表のごとく、40歳代を頂点に30~40代の方が48%を占めていました。このように40歳代を頂点に中年女性の新患が圧倒的に多かった理由は後述します。

下表の如くお住まいは当然三鷹市内が84%と圧倒的に多かったです。私の知る限り住宅地で診療する一般的なクリニックでは、市境にでも位置していなければ、患者さんのほとんどが地元自治体の住人です。ですから、むしろ16%も三鷹市外から来院されているのが驚きです。おそらく、その理由は当院が健診スクエアとして企業健診を請け負っていること、三鷹駅に近く住宅地というより商業地のため、住所が市外でも勤務先に近いとの理由で当院を受診される方が少なからずいること、などによるものだと思います。初めは勤務先に近いからとの理由で当院に通い始め、その後転勤したり、リタイアしたりした方も引き続き通院されている方がたくさんいらっしゃいます。こういった方々はほとんどが三鷹市外にお住まいです。私自身、診療していてご住所が遠方の方が多いと皮膚感覚でも感じていました。

下表は当院を知った経緯、経路です。予想通り、ホームページと紹介が各々約30%で最多となっています。ホームページに関してはパソコンとスマホが半々で、スマホ使用者が増加しているのを実感しました。昨年10月ホームページをリニューアル、スマホ対応としたのは間違っていなかったようです。

個人的には、家族・友人・知人・当院職員など口コミ、紹介などが理由で来院された方が31%もいたことは大変心強く、嬉しい限りです。当院の通院患者や当院職員の口コミは、私を直に知っている人たちの当院の診療に対する評価です。その人たちが当院を周囲に勧めて下さるということは、当院の診療が高い評価を得ているということで、大変名誉で自信になります。
さらに「その他」の理由をみると、黄色で色付けしたものは、すべて三鷹市のさまざまな健診を受診するときに、受診先の医療機関を探すための経路です。それらを合計してみると52人で約17%になります。このことから、40歳代を頂点に中年女性の新患が圧倒的に多かったのは、三鷹市乳がん検診を受診するため初めて当院を受診した方が多かったためではないかと推察されます。当院がマンモグラフィ(乳房レントゲン装置)を導入し、三鷹市乳がん検診受託施設となったのは2014年度とまだ歴史が浅く、ようやく周知されてきたことに加え、三鷹市内に5施設しかなかったMMG検査受託施設の一つで、当院のすぐ近くにあった武蔵野病院が昨年11月から診療を停止したため、当院に乳がん検診受診者が流れてきたことも影響しているのではないかと思います。
また、「看板を見て」来院された方は9%でした。当院はクリニックの建物以外の場所に、電柱看板や駅看板などを含め一切看板を出していません。ですから「看板を見て」来院された方は、「通りかかり」とほぼ同義です。合わせて16%しかありません。つまり、換言すると当院に来院される方の84%が事前に何らか方法で当院の情報を得て来院されており、急に具合が悪くなって飛び込んでくるような一見の患者さんは非常に少ないということです。おそらく、ビル2階にありいわゆる路面店でないためだと思われます。
下表は当院への交通手段です。徒歩、自転車が圧倒的に多いのは、三鷹市内にお住まいの方が84%だったことと符合します。しかし、にもかかわらず、バスで来院される方はわずか8%しかいませんでした。当院が面する三鷹中央通りはバス便がなく不便な場所のためと思われます。そのため商店街の方々と協力し、三鷹中央通りにみたかシティバスを誘致する運動を始めました(院長コラム2017/05/16「三鷹中央通りにみたかシティバスを走らせましょう。」(その1)(その2)(その3)をご参照下さい)。

今回アンケートを実施しいろいろなことが明らかになり、今後の診療に役立つ情報を多数得ることができました。
最後に次回アンケート調査に向けた反省点として、受診目的の設問を設定しなかったことが挙げられます。つまり、病気で受診したのか、健康診断目的なのか尋ねる設問あれば、先述したような推察の答えも明確になり、もっと詳細な分析が可能になったと思います。
末筆ではありますが、アンケートに回答して下さった方々に重ね重ね御礼申し上げます。

 

超音波検査実施件数

当院で実施した超音波検査数を公開します。
図は当院が開院した2007年11月(2007年11月開院のため、2007年度は11月から翌年3月までの5ヶ月間の実績)から2016年度末まで、当院で実施した超音波検査数10年間の変遷です。2007年度は5ヶ月間のみの実績に加え、当時、検査日を週1日と設定していたため、極端に少ない検査実績でした。その後、患者数の増加とともに、2008年から検査日を週3日に増やし、さらに2009年4月より毎日にしました。
 

 

2013年三鷹市が実施する乳がん検診の超音波検査受託施設になり、乳房超音波検査の実施数が増加しました。乳房超音波検査の如く食事制限の不要な検査は午後実施しても構いません。午後に検査受検を希望される方のため、現在、食事制限のない頸動脈、甲状腺、乳房等の検査は、月2回ですが午後も実施しています。
開院以来受診者数が増加の一途と辿っているため、超音波検査実施数も増加、2016年度は1741件に達しました。診療日数から計算すると1日平均6件から7件実施しています。今後さらに増加が予想されるため、午後の検査枠の拡大も検討しています。

図は直近3年間の乳房超音波検査(乳ヱコー)の実績です。2013年度より三鷹市が実施する乳がん検診の超音波検査受託施設になりましたが、2013年11月当院にマンモグラフィ(MMG、乳房レントゲン)装置を導入(2013/11/15院長コラム「マンモグラフィ(乳房レントゲン)の運用が始まりました。」をご参照下さい。)したため、2014年度からはマンモグラフィの受託施設に変更しました。三鷹市乳がん検診では、市内医療機関は、超音波検査、レントゲン検査のどちらか一方の検査施設しか受託できません。三鷹市内の超音波検査受託施設は10施設ですが、マンモグラフィ受託施設は当院以外に3施設しかありません。機器が高額な上、管理が難しいので、医療機関の多くは設置を躊躇しているようです。しかし、健診施設を併設する当院は積極的にマンモグラフィを導入、受託施設に名乗りを上げました。MMG受託施設となってから、三鷹市乳がん検診の超音波検査は一切実施していませんが、逆にMMG受診者が急増、その精密検査として乳房超音波検査を受検する方が増えました。
 

 

図左の2014年度乳エコー実施者のうち、乳癌が否定できず、さらに精密検査を指示した方は14%でした。上記の如く、この乳エコー対象者は、健診スクエア受診者で一次検診としてエコーを受検した方と、一次検診のMMGで異常を認め二次検査としてエコーを追加実施した方の合計で、14%を多いと判断するか、少ないと判断するかは意見の分かれるところです。がん検診の基本的な考え方として、癌でない者は一次検診で「異常なし」とし、癌である者は細大漏らさず全員「要精密検査」対象者として拾い上げるのが理想です。つまり、精密検査不要とされた86%から、後日一例も癌患者が出現せず(後日早々に癌が発見された場合、癌見逃しとなります)、さらに精密検査必要とされた14%が、その後の精密検査で悉く癌が発見された場合、理想的ながん検診であったといえます。しかし、要精密検査対象者となったが結局癌ではなかった者(偽陽性)を減らそうと敷居を高くすればするほど癌を見逃す(偽陰性)確率が上昇します。一方、癌の見逃し(偽陰性)を減らそうと敷居を低くすればするほど、癌ではないのに要精密検査対象者(偽陽性)となる方が増えてしまいます。ジレンマを感じるところです。この問題を解決する方法は、癌の有無をより正確に鑑別する機器の導入です。そこで、当院では乳房超音波検査受検者数の急増を鑑み、2015年4月より、エラストグラフィ機能を搭載した新型の超音波検査装置を導入しました(詳しくは、2015/04/18院長コラム「エラストグラフィ、オートIMT測定装置を採用した新型超音波検査機を導入しました。(その2)」をご参照下さい)。2015年から要精密検査の対象者の割合が14%から4%に激減したのは、その影響が大きいと思います。もちろん、検査技師や私の経年的な技術向上も加味されていることでしょう。
2016年度超音波検査の結果、さらに要精密検査となり専門医療機関に紹介した結果をまとめたものが下図です。
 

 

精査検査が終わった6例は癌ではありませんでした。残りの3例は現在さらに精査中です。例年2~3例程度の乳癌が当院で発見されています。当初良性と思われていたものが、後々癌と診断される例も珍しくありません。今後を注視したいと思います。
今後もこのように検査結果を分析しつつ、診療レベルの維持向上に努めてまいります。

 

TOP