高松メディカルクリニック TEL 0422-70-1035(治る 重病見事) 三鷹健診スクエア TEL 0422-70-1037 FAX 0422-70-1036

東京都三鷹市下連雀4-16-12 三鷹第1ビル2F

三鷹駅より徒歩8分

求人募集 検診 糖尿病 高血圧 コレステロール 甲状腺 橋本病 咳喘息 アレルギー 高松メディカルクリニック 三鷹健診スクエア

ジェネリック(後発)医薬品について

三鷹健診スクエア 健診のご予約・お問い合わせはTEL0422-70-1037まで CLICK
LE
院長コラム 胃痛い放題
CLINIC BLOG クリニックのこと、日々の出来事についてなどを紹介します。
スタッフ募集 CLICK
Mail Form   メールでのお問い合わせはこちら CLICK
小さなお子様の いらっしゃる方へ 小さなお子様のためにベビーカー(A型B型兼用)をご用意しております。お子様をベビーカーに乗せてご一緒に健診を受けていただくこともできますので、受付にてお申し付けください。

Take The A Train
by Duke Ellington And His Orchestra

トップページ»  ジェネリック(後発)医薬品について

ジェネリック(後発)医薬品について

新しく開発された高額な先発医薬品が発売後5~10年たち、特許期間が満了すると、他の製薬企業が先発医薬品と同一薬効成分の医薬品(後発医薬品=ジェネリック)を自由に製造販売できるようになります。後発企業は、先発企業のような莫大な開発費用の負担がないので、格安で後発医薬品を販売することができます。種類にもよりますが先発品の1割以下の価格で販売されているものもあります。しかし、いくつかの問題点もあります。後発品は先発品とまったく同一の主成分で、販売前にいくつかの試験により同等性は確認されていますが、添加物などの副成分が異なるため、患者さんによっては同じ効果が出ない場合があります。また、特許切れ直後に、多数の後発企業が雨後の筍のごとくジェネリック医薬品の販売を始めますが、利益を上げた後、売上が下がるといともあっさり販売を中止、さらには会社を解散する企業もあります。そういった企業の後発医薬品を服用して副作用が出た場合、企業に問い合わせてもきちんとした医薬品情報が得られないばかりか、会社がすでに存在しないこともかつてはありました。後発医薬品企業でもしっかりした会社もあれば、危なげな会社もあるわけです。
さて、当院は完全に医薬分業しているため、処方箋は発行しますが調剤は行っていません。電子カルテには、ジェネリック医薬品も含め日本で販売されている数万種類の医薬品データのすべてが登録されているため、あらゆる薬を処方することができます。上述のごとくすべてのジェネリック医薬品に問題があるわけではありませんので、ジェネリック医薬品を希望される方には、後発企業を考慮しつつご処方しています。

ちなみに医薬品の日本での販売価格は、同一の薬剤にもかかわらず欧米の2~3倍が相場で、日本の患者さんは非常に高い買い物をさせられています。その結果が製薬企業の好業績に繋がっています。高齢化社会による医療費高騰がこれほど声高に叫ばれているにもかかわらず、厚生労働省は天下り先の製薬企業の薬品には高い薬価をつけているようです。患者さんが後発医薬品で自己防衛されることに、医師としてできるだけ協力したいと思っています。

自分の飲んでいる薬に後発医薬品があるかどうか、その値段はいくらか、後発品への変更でどのくらい薬代が安くなるかなど、下記のホームページで調べることができます。

処方箋の医薬品一般名による記載について

上述の如く電子カルテの中には先発医薬品、ジェネリック医薬品も含め、数万種類の医薬品データすべてが登録されていますから、後発医薬品製薬メーカー(代表的な後発品メーカーは、黒柳徹子さんをテレビCMに起用する東和薬品、高橋英樹さんをテレビCMに起用する沢井製薬などですが、最近は武田薬品やファイザーなどの先発品メーカーもジェネリック医薬品を製造、販売するようになっています。)を考慮しつつ、希望される患者さんにはジェネリック医薬品をご処方していました。ですから、従来当院で発行される処方箋では、

先発品商品名で記載→先発品を指定
後発品商品名で記載→後発品を指定

となっていました。
しかし、患者さん自身の自己決定権の拡大、医療費抑制の主旨からも、2015年より薬効成分名である一般名による処方箋記載を国や健保組合は推進しています。当院では2016年度より一般名で処方箋を記載することにしました。すなわち、

成分名である一般名で記載→ご自身で先発品または後発品を選択

することになります。このように、一般名処方は後発医薬品を使用しなければならないわけではありません。薬局の薬剤師と相談し、ご自身の判断で先発品、後発品を選択できます。ですから、今まで以上に調剤薬局の薬剤師の責任は重大です。患者さんもよくよく考え、信頼できる薬剤師のいる掛かり付け薬局を決めることが肝要です。
患者さんの医薬品や製薬メーカーに関する知識が不十分なため判断に迷うのは当然です。ご遠慮なく当院にお尋ね下さい。

TOP